ビジネスシーン

中国語翻訳を楽ラクに行う為に【アプリ活用しチャイナ】

気になる相場

女性

現代はグローバル社会だと言われているので、多くの企業が海外にある企業とのさまざまな取引を行うことがあるでしょう。取引を完了させる為には、双方が契約書に捺印をする必要があります。捺印をすると契約書の内容に意義がないという証明になるので、しっかりと契約内容を把握することです。ほとんどの企業間で用いられる契約書は、世界共通語となる英語で記載されています。実際に会話をする際には、通訳担当となる通訳社員が側にいるものですが、契約書など文書の英文の場合や翻訳会社を利用すると便利でしょう。契約書に記載されている英文の翻訳を依頼する場合、翻訳会社によって料金設定が異なる為、あらかじめ依頼に掛かる費用相場を把握しておきましょう。

契約書に用いられる言語は、通常の英語よりも多少困難と極める内容が多いものです。契約書の翻訳をメインで行っている翻訳会社では、ジャンル別に料金を設定していることもあるでしょう。医学に関するものを、単語別に60円当たりとすると、そこから内容がソフトになる、商業、科学、パソコンに関するマニュアル、契約書の場合、50円、40円、30円と下がっていくものです。契約書の内容が多いほど、単語の数が増えることにより翻訳に掛かる費用が高くなります。また、英訳、和訳によっても多少の違いがあるのであらかじめ確認しておきましょう。

契約書の翻訳を行っている会社の中でも安いところであると、一つの単語につき20円となるところ破格の値段を提示しているところもあります。経費を削減する為には、少しでも相場が安く抑えられるところを探して利用してみましょう。



Copyright© 2015 中国語翻訳を楽ラクに行う為に【アプリ活用しチャイナ】All Rights Reserved.